<中古>THE BITE / 雨の中/D'yer Mak'er(7")

カクバリズム
状態良好です。

ex.OxAxCx,ex.BREAKfAST,ex.EXCLAIM,の酒井大明氏(アコースティックギター、ヴォーカル)を中心に、ギターに伊藤 敬氏(BREAKfAST,ex.NIAGARA 33,ex.JOHNS TOWN ALOHA)、ベースに岡林大輔氏(三沢洋紀と岡林ロックンロール・センター,ex.SATELLITE OF LOVE、ex.U.G MAN)、ドラムに長友清吾(CROCODILE COX AND THE DISASTER,ex.JOHNS TOWN ALOHA,EXCLAIM)、ゲストプレイヤーにオルガンで斉藤 淳氏(YOUR SONG IS GOOD,ex.FRUITY,ex.SCHOOL JACKETS)という各々ハードコア・パンクなバックボーンを持つ漢達による孤高のレイドバック・フォーク・ロック・バンド「THE BITE」
2009年、カクバリズムからリリースされたファースト7インチシングル。
「脅威的に古くさい音楽だ・・・」
YOUR SONG IS GOODのJxJx氏は「THE BITE」のライブを始めて見て、こう呟いたそうです。
BLACK FLAGからU.G MAN,SFPなどのハードコア・パンク、BOB DYLAN,THE WHO,BEACH BOYS,Paul McCartneyからはっぴいえんどなどの1960年〜1970年代ロック&ポップス、はたまたおニャン子クラブなどのアイドルまでの音盤を、誠実かつ真摯にエモーショナルに綴られていた酒井大明氏のブログが大好きでした。
音楽との向き合い方、対峙の仕方から、音楽への愛情がもの凄く伝わってくる素敵な文章。
そんな酒井大明氏の音楽は、偉大なる先人達同様、音楽の魔力、そして己と必死に向き合い対峙した、誠実かつ真摯、そして心のこもったエモーショナルな音楽なんだ!!!!
と思うのですが、いかがでしょうか。
A面は、THE BAND、ニール・ヤングなイントロからグッとくるTHE BITEのライブでの人気曲「雨の中」
はっぴいえんどフリークにも是非聴いてほしいフォーク・ロック・ナムバー。
優しい歌声と哀愁漂う演奏。
演奏中の唐突なフェードアウト具合も往年のロック・バンドの7インチシングルっぽくて痺れます。
B面は、レッド・ツェペリンのレゲエナンバー「D'yer Mak'er」のカバー。
ゲストプレイヤーの斉藤 淳氏によるオルガンが非常に効いていますね!!!!
SKA〜ROCK STEADYフリークにも是非聴いてほしいレゲエ・ナムバー。
良いB面ってのは良いレコードの証!(cカクバリズム)
雰囲気煽られるジャケット写真は、BREAKfASTとの親交も深い平野太呂氏。
名盤。

・THE BITE - ポケットにブルース#2
・Ohayo Mountain Road_03_01/22/2012
・BREAKfAST / VOTE!!
・Exclaim - Shooting Punk Approach # 11 23/02/2002
販売価格 700円(内税)
SOLD OUT

Top